• ホーム
  • 懸垂ダイエットで上半身を引き締め!正しい方法を解説

懸垂ダイエットで上半身を引き締め!正しい方法を解説

2020年01月19日

上半身が思うように引き締まらずに悩んでいる人は少なくありません。下半身の場合は太ももに大きな筋肉があるので、スクワットなどの筋トレによって比較的簡単に引き締めることが可能です。一方で上半身は下半身よりも大きな筋肉が少なく、引き締めるのが一苦労だと言えます。もしも上半身を引き締めたいと考えるのであれば、効果的な方法である懸垂ダイエットを取り入れることがおすすめです。

懸垂ダイエットでは背中の筋肉である広背筋を鍛えることができますし、上腕二頭筋や体幹もまとめて鍛えることができます。背中や腕の中で大きな筋肉を鍛えれば、効率良く筋肉量をアップすることができるので、懸垂ダイエットの大きな効果を期待することができるはずです。懸垂は難しいと思われがちですが、初心者でも実践できる上半身のダイエット方法なので、まずは正しい方法を学ぶことから行いましょう。

最初は無理せずにぶら下がることから行うことが大切だと言えるので、自分の身長より高い鉄棒などを利用してぶら下がってみてください。手のひらを前に向けて、手の幅と肩幅が同等になるように鉄棒を握りましょう。そのままぶら下がり、30秒間ぶら下がった状態をキープすることができるようになることからチャレンジしてみると良いです。懸垂は腕の力で身体を持ち上げる動作を繰り返すイメージがある人もいるかもしれませんが、まずはぶら下がることで腕や背中といった上半身の筋肉を鍛えることがおすすめだと言えます。

長時間ぶら下がることができるようになったら、その状態から肩甲骨を押し上げるような動作を行いましょう。腹筋に力を入れて両足を揃えて前に持ち上げることで、より効果的に鍛えることができます。この方法も30秒ほどキープできるようになればオッケーです。ぶら下がるだけよりも難しいですが、より筋肉に負荷がかかる懸垂ダイエットなので少しずつ高度なトレーニングができるようになると良いでしょう。

慣れてきたら斜め懸垂という方法もおすすめです。懸垂ダイエットを行うのであれば、様々な懸垂方法を組み合わせることで、より高い効果を期待することができます。斜め懸垂は手の甲を上にして鉄棒を握った後、身体を斜めにして肘をわき腹に引きつけるように曲げて限界がきたらもとの状態へ戻ることを繰り返しましょう。最終的には10回を数セット行うことができれば完璧だと言えます。懸垂ダイエットは上半身を鍛えるためにとても有効な方法なので、上半身のダイエットを行いたい場合は懸垂がおすすめです。