• ホーム
  • 効き目が強すぎる?オベリットのダイエット効果と副作用

効き目が強すぎる?オベリットのダイエット効果と副作用

2019年11月01日
緑のカプセルが乗っているスプーンと葉

肥満治療薬として有名なオベリットは効き目がとても強いことで有名であり、なかには効き目が強すぎるという情報を聞いたことがある人もいるかもしれません。オベリットは食べ物から吸収されるはずの脂肪分を最大で30%カットするという働きを持っており、食事から脂肪分をあまり吸収せずに済みます。このとき体内に吸収されなかった脂肪分は排泄物として体外へと排出されるので、トイレに行ったときに油のような排泄物が出てくるはずです。これはオベリットが効果的に作用している証拠なので、しっかりと効いていると言えます。

オベリットを服用すれば食事から吸収されるはずの脂肪分を吸収せずに済むので、薬を飲まないで同じ食事をしているときよりも、身体に余分な脂肪がつきづらくなります。しかし、この治療薬はもともと欧米人向けに開発されたものなので、比較的体格が小柄な日本人には効果が強すぎるとも言われています。効果が強いので高いダイエット効果を期待することができますが、それだけ副作用があらわれやすいことには注意しておかなければなりません。

オベリットの副作用には胃腸関係のものが多く、その理由としてはオベリットが消化不良のような状態を引き起こす治療薬だからと言うことができます。本来であれば分解や吸収されるはずの脂肪分を分解せずに排泄するので、体内では消化不良のような状態が引き起こされており、その結果として胃腸関係の副作用があらわれると言えるでしょう。ガスが溜まりやすくなってしまったり、便秘や下痢を引き起こしたりするという副作用があり、オベリットを飲んだときの排泄物の特徴である便の油っぽさも副作用に含まれます。効果が強いのでガスが溜まりやすくなる、油のような排泄物が出るなどの副作用も強くあらわれてしまうことが多いです。慣れるまでは仕事中には服用しないなど、注意しておくことが大切だと言えます。

肥満治療薬であるオベリットの効果は非常に高いと言うことができますが、それだけ副作用が起こってしまうことも多くなりやすいです。薬が効いている証拠として、ガスが溜まりやすくなったり油のような排泄物が出ることが増えたりするので、服用する際は副作用があることに注意しておくことが大切だと言えます。効き目が強すぎると感じるのであれば、飲む頻度を少なくする、医師に相談するなどの対応も必要になってくるでしょう。オベリットは非常に便利で効果的な治療薬ですが、副作用について気をつけるようにしてください。